木を活かす エコ&ヘルシー

木材PR資料

*もしも、この世に木がなかったら* わたしたちと木の物語

わたしたちの身のまわりには、どのように木が使われているのだろう?
なぜ、木でなければいけないのだろうか?
もしも、この世に木がなかったら・・・?

シリーズ「木と豊かな暮らしを考える」PRパンフレットの第36弾「木育篇」では、これらの「?」をこどもたちと一緒に考えてゆきます。

*もしも、この世に木がなかったら* わたしたちと木の物語

冊子の概要

お伝えしたいこと、いろいろ

▲ ヒノキの細胞(電子顕微鏡写真)

*切る、削るができるって、実はスゴイこと。
*勉強できるのも木のおかげ。
*木はなんだか気持ちいい。
*台所でかつやくする木の板・・・。
*お椀とお碗のちがい、わかるかな?
*便利なだけじゃなかった、白木の割りばし。

*木は衝撃に強い。金づちが教えてくれる。
*燃える木と燃えない鉄。
*木は水にも強かった。
*木は、湿気と害虫から大切な衣類を守っている!
*ぷ~んと木が香る。においにも、すごい力が・・・。

*美しい音がする。そこにはやっぱり木がある。
*人はなぜ、ヒノキ舞台にあこがれてきたのか?
*伐ったら植える。このくり返しが森を元気にする。 


● つくって、あそぼう! ~ 木は身近な友だち
● 木にまつわる漢字のなりたちを知ろう!
● クイズにトライ! へぇ~、木ってそうなんだ!


発行資料 もしも、この世に木がなかったら「わたしたちと木の物語」
(A4判・本文10頁、カラー印刷)
斡旋価格 1部 100円(原則100部単位、送料別)
お問合せ 〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県庁西館9階
静岡県木材協同組合連合会・広報スタッフ
Tel:054-252-3168 Fax:054-251-3483

ご購入はこちら

ページTOPへ