木を活かす エコ&ヘルシー

木材PR資料

人にやさしい空間づくり

~「木造高齢者施設」における住環境調査~

シリーズ「木と豊かな暮らしを考える」PRパン フレット第27弾は「イキイキ篇」です。
加速度的に高齢化が進む我が国、高齢者がイキイキ と暮らせる「いこい・やすらぎ・ふれあい」を求め、 木造高齢者施設における「視覚的印象評価」、「空気 成分の分析調査」、「温熱環境の計測調査」を通して、 人にやさしい空間づくりを考えてみました。
なお、資料の取りまとめに際し、静岡大学農学部、 静岡県工業技術研究所等のご指導を仰ぎました。
人にやさしい空間づくり

冊子の概要

*はじめに:お年寄りにやさしい空間は、だれにもやさしい。

お年寄りが快適、安全に暮らせる住環境づくりのお役にたてるよう、(1)視覚的な要素、(2)空気の成分、(3)温熱度の3テーマで、高齢者介護施設における現場調査を行いました。

1)木は人の目にどのように映るんだろう?

木造高齢者施設における「居住空間の視覚的印象評価」を通して、木の居住環境の効果を検証しました。

2)空気にはどんな成分が含まれているの?

木造高齢者施設における「空気質の分析調査」を通して、揮発性有機化合物(VOC)濃度の測定結果、木材が空気に与える影響を調査しました。

3)熱中症がおこりやすい環境って?

木造高齢者施設における「温熱環境の計測評価」を通して、熱中症と温度・相対湿度との関係を解説しました。

*おわりに:木材は、暮らしと地球環境をケアする素材

調査対象施設の建設経過等から、地域材の活用と「ウッドマイルズ=環境負荷」の問題を考えてみました。

発行資料 「木造高齢者施設」における住環境調査~人にやさしい空間づくり
(A4判、本文6頁、カラー印刷)
斡旋価格 1部 100円 (消費税込み、送料別途実費、原則100部単位)
お問合せ 〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県庁西館9階
静岡県木材協同組合連合会・広報スタッフ
Tel:054-252-3168 Fax:054-251-3483

ご購入はこちら

ページTOPへ